離婚・慰謝料請求は浮気証拠が必要

 

離婚・慰謝料請求には浮気証拠が必要!



重要.探偵浜松=浮気がばれた夫婦の会話「あなた、もう離婚よ!浮気してたんだから絶対に慰謝料払ってもらうから・・・」

重要.探偵浜松=浮気がばれた夫婦の会話「わかったよ お前が望むようにするから・・・」


というように、当事者間で話し合いがつけば一番良いのですが、離婚、慰謝料の問題はそう簡単にはいかないものです。

例えば・・・「私は鈴○育○さんと5年前から浮気していました ごめんなさい」と素直に認める方はほとんどおらないと思いますし、多くの方が浮気の疑惑を持ちながらも曖昧な離婚理由で「離婚」されていることに驚かされます。本当は誰でもできるだけ「慰謝料」なんて払いたくないですから・・・

離婚後に「浮気相手とラブラブ気分で新生活をおくる元配偶者」反対に、「疑心暗鬼で離婚に応じ、次への目標(夢)すら見つからないあなた・・・」

なんだかこれでは不公平ですよね。

全体の離婚件数の中で約5割以上が男女問題から離婚するといわれております。しかし、これは氷山の一角で実際は性格の不一致や価値観の違いなどの曖昧な理由で離婚をしたのに、離婚後の風の噂では、「本当は結婚生活で不倫相手だった異性と今は同居している・・・」などのケースもあるそうです。

こうなってしまうと、浜松のスゴ腕の探偵でも過去の浮気を証明するのは難しくなってしまうのです。そうならない為にも、浜松で有力証拠収集に定評があるアビイ・ロード浜松の浮気調査にお任せください。

Copyright (C) ,浜松の探偵ならアビイ・ロード浜松, All rights reserved.

離婚調停・離婚裁判は第三者が必要

 

離婚調停・離婚裁判は第三者が必要=浜松浮気調査 

離婚調停・離婚裁判は第三者が必要

配偶者に対して慰謝料請求をするには、浮気の証拠(不貞行為が実証される証拠)が必要になります。勿論、不倫相手に対しても同様です。

しかし、配偶者、不倫相手の話し合いで慰謝料の支払いを誓約できれば弁護士も探偵も
出番はありません。でも、現状は「大切なお子さま」「大切なお金(財産など)」が絡んできま
すので、大半の方は当事者間では解決ができなくなります。

なので、当事者間で離婚の話し合いが出来ない場合は、「第三者」を間に入れて話し合うことになり、これが、離婚調停、離婚裁判になるわけです。仮に、あなたと配偶者が「離婚調停」を行った場合は・・・・・


重要.浜松浮気調査=夫婦の浮気がばれてしまった後の言い訳「夫が浮気をしてたので慰謝料を請求したいんですが・・・」

重要.浜松浮気調査=夫婦の浮気がばれてしまった後の言い訳「いいえ、私は浮気はしていないので慰謝料を払う必要はありません」


という話しにもしもなった場合、調停員はどちらが真実を言っているのか?判断に迷うでしょう。そこで物を云うのは「涙を浮かべて訴える」事や「疑惑の領収書」でも無く「疑惑のメール」でもありません。


実証できるのは、「継続的に不貞相手とのホテルへの出入りや宿泊の画像」なのです。


このような証拠も無く、このような証言をした場合は逆に・・・調停のことを何も知らなくて法律に無知な人
と調停員に思われるかもしれません。


あなたが真剣に慰謝料を請求したい場合は「確実な浮気の証拠」は必要不可欠です。あなたの立場を有利にするなら、浜松の浮気調査のプロ!アビイ・ロード浜松にすべてお任せください。


注目:浜松浮気調査=離婚を認める裁判所の不貞行為離婚を認める裁判所の不貞証拠とは?


Copyright (C) ,浜松の浮気調査ならアビイ・ロード浜松, All rights reserved. 

▲このページのトップに戻る