子供のいじめ問題への対処法

 

浜松探偵=子供のいじめ問題の対策方法 

子供のいじめ問題の対策方法

重要.浜松探偵=子供のいじめ問題の言い争いの言葉「うちの子に限ってイジメなんかするような子じゃないから!」

重要.浜松探偵=子供のいじめ問題の嘆きの言葉「あなたのお子さんにも原因があるんじゃないの!?」


子供さんのことで、勢い良く抗議に向かったのに、こんな言葉で返り討ちに遭った経験はありませんか?実は私も「甥っ子」のことでこのような経験が以前ありました。

それは、私には凄く可愛がっている甥っ子がいるのですが、その甥が中学1年の頃に「虐め」にあっていました。その頃、姉から虐めの相談を受け、甥っ子には優しく尋ねてみたところ、「同じクラスの○○君に虐められている」と話してくれました。すぐさま、私は姉の付き添いで○○君宅へ伺ったのですが、玄関先でいきなり罵声を浴びせられ、これ以上、相手と話しをしても火に油をそそぐだけだと判断したのでその日は仕方なく帰ることにしました。

私自身も姉も、甥っ子を虐めから救いたい一心で、姉からの調査依頼から「虐めの立証的証拠」を揃え、後日、姉と一緒に相手宅へ再度訪問しました。今度は、相手側は低姿勢で話し合いに応じてくれて、冷静な話し合いから、相手側からの謝罪をいただくことができ、さらに、今でも仲の良い家族ぐるみのお付き合いができていると姉からも聞いております。



Copyright (C) , 浜松の探偵ならアビイ・ロード浜松, All rights reserved. 

虐め被害で一番に重要のは謝罪である

 

 

探偵浜松=子供のいじめ被害の解決策は謝罪である

虐め被害で一番必要なのは「謝罪」である!

「なぜ、門前払いだった相手側が、今回は円満な話し合いができたのか?」

答えは簡単です。

最初は、門前払い寸前でしたが、玄関に入るなり「証拠の画像」を相手に見せました。それは、甥っ子が「頭を殴られたり、太ももを蹴られている」シーン画像でした。

撮影している時は、正直、その子供を叱ってやろうと思いましたが、事態が解決するまでは我慢しました。その画像は、誰が見ても「虐め(イジメ)」であることがしっかりと確認ができ、相手の両親もこの現実を目の当たりしてすぐ謝罪を受けました。

こちらも前回からの鬱憤も溜まってましたので、これぞと気を晴らそうと正直思いましたが、相手の丁重な低姿勢に戦意喪失してしまいました。また、虐めをしていた張本人からも謝罪があり、甥っ子も一応満足していたように見えました。

このような事態の場合は、相手を打ちのめして「慰謝料」などの請求するのではなく一番大切なのは子供のケアを最優先にしなければなりません。 

特に、今まで虐めを行っていた張本人からの謝罪は、イジメられている側からすれば非常に良い薬になります。現に今では、その子と甥っ子はそれ以来すごく仲良しになり、よく家へも遊びにくるそうです。

Copyright (C) ,探偵 浜松|アビイ・ロード浜松, All rights reserved. 

▲このページのトップに戻る