デートDVのご説明と対策

a0001_012474.jpg

デートDVのご説明と対策

DV(ドメスティックバイオレンス)最近はよく耳にします言葉ですが、大人の間だけの事ではありません。男女交際においても虐待や暴力による対等でない関係があります。デートDVは結婚していない男女間での体、言葉、態度による暴力の事です。親密な相手を思い通りに動かす為に複合的に使われるあらゆる種類の暴力を指します。

1.身体的暴力;相手に向かって物を投げる、たたく、噛むなど
2.言葉、心理的感情的暴力;汚い言葉を言う(ばか、ブス、デブ、汚いなど)
 無視する、嫌がらせ ストーキング、頻繁の電話、過剰な嫉妬
3.性的暴力;合意のない性交渉、交渉時に痛めつけたり侮辱したりする行為、
4.経済的暴力;お金を貢がせる

いろんな種類の暴力によって自己決定権を剥奪する。「力を持って相手を支配」する。相手を自分の思い通りにしたい。

ではどうしてデートDVが起きるのでしょうか。その一つに暴力を甘く見る風潮、男の子は多少暴力的でもいいと暴力容認の社会が背景となっている。ジェンダーバイアス(社会的性差による偏見)

※男らしさとは?(一般的に思われている事例)
苦しくっても弱音をはかない。男は泣かない。感情を表さない。家族を養ってこそ男。強く競争に勝つ。女性を守らなければ。男は黙って。
※女らしさとは?
弱い。守られる。おとなしくついていく。控えめ。貞淑、受身。夫・子供を第1に。理屈を言わない。学歴はそこそこ。家事育児は女性の仕事。

男はいつも自分が正しく、感情にふたをする事が当たり前という概念が頭にあると、思い通りにならなかった時に怒りが爆発し暴力となる。女性は自分の意見は持たず男性についていく。何か起こった暴力を振るわれてもしょうがない。こういった考え方が社会の中に根深く根づいている。女らしさや男らしさではなく、社会通念に左右されず自分らしさを見つけよう。

※デートDVを起こさない為に
1.間違った知識を学び落とす。(男らしさ、女らしさなど)
2.相手を尊重する対等な関係性を学ぶ
3.コミニケーション力をつける

男の子もつらい時には弱音を吐いていい、感情を表してもかまわない。女性も
自分の意見を持って”嫌なものは嫌”ときちんと発言していい。

1つの事例を紹介してみます。
場面;デート中相手の携帯に電話が入り長時間話しています。あなたはいらいらします。その時の気持ちをどのように伝えますか?

男「何で食事中に長電話なんかするんだよ!」
女「だって大事な話なんだもん」
男「俺は大事じゃないのかよ。この間もそうだっただろ。もういい加減にしろ!」

このメッセージでは相手にとって批判されたり、責められたりするように聞こえます。このままけんかになりそうですね。
それでは同じ内容をちょっと言い方を変えてみましょう。

男「食事中に長電話されるといやだな。僕の事どうでもいい様に感じるよ」
女「あっ。ごめんね。でも大事な話なの」
男「そうかもしれないけれど、折角のデート中だから、食べ終わってからかけ直すって言ってくれない?」
女「うん わかった。」

一番、重要なのは自分の気持ちに焦点を当ててその気持ちを率直に相手に伝える事です。


DV被害者・加害者にならないためには、デートDVという実態を知り判断力を養うことで、未然に防ぐことができます。現在、このようなDVのお悩みがある方は、浜松市の総合探偵事務所アビイ・ロード浜松が、あなたが置かれている危険な場所から必ず救いだします。まずは、お気軽にご相談ください。



Copyright (C) ,浜松の探偵|総合探偵事務所アビイ・ロード浜松, All rights reserved.

デートDVの恐怖と実情

 

探偵 浜松市=デートDVの恐怖と実情! 

デートDVの恐怖と実情!


まず・・・最初に、「デートDV」の怖さを実感してみてください。


「愛?」それとも「暴力?」デートDVに気づかぬ独女



だって彼、私だけに優しかったから・・・」と○○さんは振り返る。今は主婦として幸せに過ごしているが、独身時代の恋人に受けた暴力の記憶をぬぐいさることができないでいる。恋人は会社の上司で4つ年上だった。少し強引ではあったが、そこが男らしく感じられ、他の女性にもモテていたということだ。「街中でチンピラみたいな人に絡まれたときも、にらみ合いで追い払えるほど迫力のある人でした。暴力沙汰もたまにあったけど、女性には優しいと思っていたんです」。

最初のデートの日、ベッドに誘われたが断った。コンドームを持っていないと言えば、我慢してくれた。その優しさが嬉しかった。しかし「恋人同士」という関係をお互いに認知したころから、相手の態度が少しずつ変った。

「男性が混じる飲み会に行くと、機嫌が悪くなって怒鳴るんです。胸の開いた服も、化粧も、アクセサリも禁止。そのうち彼の機嫌を損ねると壁にぶつけられたり、床に投げられたりと露骨な暴力がはじまりました。暴力よりも一番傷ついたのは私のことをウジムシって呼ぶことでした」。

デートDVという言葉がある。結婚していない恋人同士間の暴力のことだ。10代から20代のとき、交際相手から、身体的暴力・心理的攻撃・性的強要のいずれかの行為を経験した人は23%にのぼる(内閣府平成17年度調査)。しかし、これまで「DV」といえば配偶者間のもので、独身者間のDVはこれまであまり重要視されないでいた。「既婚者と違い、嫌なら別れられる」という理由からだ。では、体中をアザだらけにしながら、○○さんはなぜ別れなかったのだろう。

「別れ話を切り出したら何されるかわからない。彼の逆ギレが怖い。そういう気持ちももちろんありました。でも、逃げられなかったのではなくて、逃げなかったのかとも思うんです。愛しているから、お前だけが可愛いから、殴るんだって言うんです。ウジムシなんて呼んでおいてそんなの変だって思うんですけれど、散々暴力を振るわれたあと優しくされると『こんなダメな私を愛してくれるのか』なんて思ってしまうんです」

散々暴力を振るったあと、恋人は脱力した○○さんを抱いた。気力を無くした○○さんは彼にされるがままになり、避妊を懇願することもできない。しかし彼の子どもを流産した日、ようやく別れを決意できたという。それから数年がたち、今は恋人からの暴力に悩む知り合いの相談に乗ることも多くなった。

「最近は携帯電話を使った束縛も多いようです。男性名のアドレスを勝手に消されたり、GPSを使ってどこにいるのかをすっかり把握されたりね。度を越えた束縛だと指摘しても、愛しているからと繰り返されると、ヤキモチのひとつも焼かれないよりマシかと思ったりするそうです」

内閣府が今年の11月「女性に対する暴力に関するシンポジウム企画委員会」で発表した「若い世代における恋人からの暴力」に関する調査報告書によると、「電話に出なかったり、メールにすぐ返信を出さないと怒られた」と回答したのは、女性よりも男性の方が多かったが、「専用の端末をもたされた」「携帯電話をわざと壊された」「カメラ機能で裸の写真を撮られた」「GPS機能で居場所を確認された」と答えたのは女性ばかりだった。

しかし、女性だけに顕著な被害はやはり性的行為に関することだ。「避妊に協力してくれない」恋人を持った女性は実に12.3%。「性的行為を強要」された女性は9.2%だ。束縛はするが無責任。それがDV加害者の特徴だと○○さんは言う。「無責任というのは、結婚しないってことじゃないんですよ。子どもができたとき、DVの加害者に多い反応は「君のしたいようにすればいい」といった感じ。これは一見優しいようで、実は決断を女性にまかせて、あとで『お前が結婚したいって言ったんだろう』『お前が中絶を選んだ』と言うのです。でもやはり『産んでいいって言ってくれた』と喜ぶ女性も結構いるんですよね」

強引なこと、嫉妬すること、束縛すること。それらを愛情だと喜ぶ女性も多く、確かにそういう一面もある。しかし、そこに「脅威」を感じたらもうそれは“暴力”だ。最後に○○さんは読者にこう伝えたいと話した。愛されていると信じている人に恋人のDVを認めさせるのは難しい。私もそうでした。でも周囲に恋人によるDVに悩んでいる人がいれば、あきれずに繰り返し相談に乗ってあげて欲しいんです。いつか目が覚める日がきっと来ますから。


Copyright (C) ,浜松の探偵|総合探偵事務所アビイ・ロード浜松, All rights reserved.

▲このページのトップに戻る