熟年離婚が増加する理由

ご存知ですか!?熟年離婚が増加していることを。


近年、「熟年離婚」が増加傾向にあります。熟年離婚は、1990年以降から増え始め、2002年頃に一時減少する傾向がありましたが、2007年4月頃から急激に増加の一途を辿り続けております。

厚生労働省の人口動態統計 (結婚20年以上の夫婦離婚件数)

葉っぱマーク:浜松市探偵=年度別の夫婦離婚件数1980年 約1万880件
葉っぱマーク:浜松市探偵=年度別の夫婦離婚件数1990年 2万1718件
葉っぱマーク:浜松市探偵=年度別の夫婦離婚件数1995年 約3万1800件
葉っぱマーク:浜松市探偵=年度別の夫婦離婚件数2007年 4万349件

熟年離婚という言葉は…年配者の離婚というのではなく、結婚生活が20年以上経った夫婦が離婚しまうことを言います。ですから、20歳で結婚した夫婦が40代を過ぎて離婚すればそれは熟年離婚とされますし、60歳で結婚して70歳で離婚したとしても「熟年離婚」とは見なされないのです。

なぜ!「熟年離婚」は増加傾向になってしまったのか?

自分らしい幸せな人生を過ごす為に、熟年離婚を選択される方も多いようですが…夫婦間での言い争いや激しい喧嘩などの状況を見た子供たちが両親に離婚を促すこともあるようです。このように、熟年離婚に踏み切るのは色々な事情などが存在するのです。

それ以外に社会の変化によって夫婦の関係が以前までの「結婚は一生に一度!」「夫婦は一生添い遂げるもの!」といった考え方がなくなってきていることが考えられます。そして、そのような夫婦が子供たちの成長を見届けてから離婚するケースも多いようです。

年金分割制度が「熟年離婚」の増加を助長したのか!?

2007年4月からスタートした年金分割制度が始まる前は、専業主婦であった妻が離婚後に貰える年金は、「婚姻期間中の老齢基礎年金」で、その額は月に5万前後と夫が貰える厚生年金と比べて低い状況でした。その不公平を改善する為にできたのが「年金分割制度」です。

夫の厚生年金が分割されて妻に支払われます。夫が厚生年金に加入している期間の中で結婚生活の期間対象に計算され、最高で2分の1(50%)までが妻に支払われます。この制度は、2007年4月以降の離婚を対象にしており、それ以前に離婚した場合は対象にはなりません。さらに、分割請求は離婚成立後2年以内とされております。この制度では…分割されるのが厚生年金のみという点に注意が必要です。サラリーマン期間のない個人事業主等は年金の分割を受けることができません。

さらに、もうひとつ重要なのは、この制度は必ず貰える権利ではなく、相手の同意が必要だということてす。相手から分割への同意が得られない場合は、裁判所の決定(分割割合)をもらわない限り分割は無理なのです。浜松市の総合探偵事務所アビイ・ロード浜松は、夫婦円満な生活を心掛けて頂けることが切実な想いです。


浜松市の総合探偵事務所アビイ・ロード浜松は「熟年離婚」をしない為の浮気調査をお薦めします。


Copyright (C) ,浜松市の探偵|総合探偵事務所アビイ・ロード浜松, All rights reserved. 

▲このページのトップに戻る